神の城
FC2ブログ
ヘッダー画像

 

プロフィール

若

Author:若
神の城、主の『若』です。
主従とは何かを模索する日々。
冠は王の証
*当ブログはアダルトな内容が含まれます。18歳未満の奴隷はお断りしています。

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

 ブログランキング

↑一日一回クリック↓

ブロとも一覧

Twitter

    
            

うごく

2019/04/27
category - 絶対服従
コメント - 0
                         
とりあえず やってみる


結果は 思考からは生まれない


結果とは 行動からしか生まれない



考えなしに動けるような年齢ではもうないか?



その考えからは何かが生まれるのか?


なにか結果が出るのか?



行動しながらの考えは大いに結構


考えることをやめなさいとは言っていない


ただ 行動しなければ 何も始まらない


何も生まれない



何もかわらない


                
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

                
                                      
            

2019/04/11
category - 絶対服従
コメント - 0
                         



他人の目



その目は 貴女が良い時 妬みとなる



その目は 貴女が悪い時 嘲笑う



そんな他人の目を気にし続けて この先も 生きて行くのか?



そんな他人の目のために 貴女の人生をつかうのか?




貴女にとって もっと 近くの



もっと大切な人の目を笑わせることに 人生をつかいなさい



                
関連記事
                
                                      
            

0か100か

2019/02/16
category - 絶対服従
コメント - 1
                         




主の下で生きる


主が 法そのもの



善し悪しは 全て主によって



貴女も また 第三者もそこには 関与し得ない



司法も立法も行政も 分立されていない



そこには 



1や2は存在せず



在るのは ただ 0か100かのみ



それ以上でも以下でもなく



従える者と 従う者のみが存在する世界



そんな関係



そんな世界


                
関連記事
                
                                      
            

ココロを込めて

2019/01/29
category - 絶対服従
コメント - 2
                         



何件か 奴隷志願のメッセージをいただいていますが


それらのメッセージには現状 全てに返信していない


ただ そのメッセージを送るにあたって


もし本気であるならば 


相当な勇気 それなりの覚悟をもって送っていることだろう


どうしたものかと常々考えていたのだが


もし その気持ちが 本気であるならば もう一度送ってきていただきたい


ただし 現状では どれもこれも 誠意が見えない


まずは 自分を 売り込みなさい


私が興味を持つように 工夫しなさい


突然 全てを捧げます などと言われても 信じられるはずもないだろう


いかに 貴女のために 私が時間を割く価値があるのか


自己紹介もきちんと しなさい


貴女が 何者で なぜそのメッセージを送るに至ったのか


きちんと 気持ちを込めて 送りなさい


自分がそのメッセージを 受け取ったときに 興味を持てるのか


送信前に もう一度よく考えなさい




貴女の 持てる限りの ココロを込めて



                
関連記事
                
                                      
            

2019年

2019/01/07
category - 絶対服従
コメント - 0
                         
今更ではあるが明けましておめでとうございます


2018年の 自身の目標はどうだっただろうか?


2019年の 目標は決まっただろうか?


今年一年をどんなものにしたいのか

どうなりたいのか


2020年を迎えるとき 貴女はどこで何をしていたいのか

今年は 節目 変化の年となるだろう


久しぶりの更新となったが

本年も 不定期更新で どうぞよしく


                
関連記事
                
                         

続きを読む

            
    

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム